あとレバーを下げて乗用車ならDレンジポジションがバックの位置。三菱ふそう、1.2万台リコール 岐阜で6人けがの事故


no title
 三菱ふそうトラック・バスは12日、ブレーキの利きが悪くなる恐れがあるとして、大型トラック「ふそうスーパーグレート」、大型バス「ふそうエアロエース」「ふそうエアロクィーン」の3車種計1万2125台(2015年11月~19年3月)をリコールすると国土交通省に届け出た。
ネットの反応
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:宇陀市の土沢さん
キャンターのATもどうにかしてくれ!
中々発進しないし、バック入れても反応しない事が多々ある。
非常に危険。
あとレバーを下げて乗用車ならDレンジポジションがバックの位置。
会社の高齢者がよく間違える。
危険極まりない。
シフトポジションは全メーカー統一に出来ないものか?
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:豊後高田市の菱木さん
以前は隠蔽により死亡事故の前科がありましたよね。
重大事故になる前に早めにリコール完了する事を陰ながら応援します。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:うきは市の野嶋さん
発展途上国のバスはヒュンダイやタタをよく見ます。
もっと頑張って下さい。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:かほく市の奥本さん
ブレーキが利かなくなったら怖いで。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:長久手市の徳田さん
冷房も暖房も効かない工場で、使い捨て同然の作業員達が車体を組み立てています。多くが契約社員と派遣社員です。
10人入社して半年後に2人残れば良い方です。
このような環境で品質を一定にしようと考えているのですから無理があります…リコールは当然の結果です。
遅かれ早かれこのような企業は淘汰されていくでしょう
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:熱海市の善家さん
割と全般的にヤバそうな感じしますね。
自分の前職で利用してたキャンターも新車納車2ヶ月で不具合出しました。
バックに入れてから数秒間前進するという不具合とギアがしっかり入らないという内容でした。
今後リコール増えそうな予感がします。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:奈良市の天辰さん
路線バスの運行管理者です。
うちでも該当のエアロエースを2台保有していますが
最近の車両はAT部分やエンジンをドイツに外注したり
どうもコスト重視で車両を自社で把握しきれないようですね。我々は荷物ではなく、命を運んでいます。
迅速かつキッチリした対応を望みます。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:坂出市の木城さん
大型車のリコールは経営の屋台骨を揺るがしかねないです。トラックにしろバスにしろいずれも事業で営利活動に供されているわけですし、代車費用の負担は当然のこととしてケースによっては収益機会の損失補償を求められるでしょう。どのくらい特損を見積もるのかかなり難しい判断とかじ取りが必要になりますね
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:筑西市の若村さん
隠さなくなったことは、良いことだが・・・。
整備士大変だな。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:川西市の末久さん
ここに限らず、リコール多過ぎます。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:鉾田市の星崎さん
足回りやブレーキというのは制動部品であり、トラブルが起きれば、即生命に関わる部分だと思いますので、このような部分でリコールが出ること自体、企業としての信頼を損なうことだと思います。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:滑川市の黒津さん
ふそうだけの問題?
今はどのメーカも同じ部品を使用してる部分も多いし、構造も似たりよったり…
部品の製造元が同じで出荷時のメーカのロゴが違うだけだもんな~。
ボイス@リターン速報収集 仮アカ:川口市の白野さん
リコールはどのメーカーでも発生してます、この記事は三菱ふそうの事なのでそれについて、実際事故も起きてます、ブレーキ関係は重要保安部品なので国土交通省もこの件についてはもっと厳しい処分にしてもいいと思います。
期間を決めて新型車の形式認定を出すのを控えるとか・・・