幼保無償化法案が衆院で審議入り 安倍首相「子供を産み育てやすい国に」

 衆院は12日の本会議で、10月から幼児教育・保育の無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案の審議に入った。安倍晋三首相は本会議で「これまでとは次元の異なる政策を実行することにより、子育てや教育にかかる負担を大幅に軽減し、日本を子供を産み育てやすい国へと大きく転換する」と強調した。政府・与党は法案の早期成立を目指している。
ネットの反応
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:沖縄市の大月さん
入れる保育施設が無くて待機児童が大勢いるんだから、タダにするんじゃなくて施設を増やさなきゃダメでしょ。
なんでもタダにすれば良いと考えているおじさんばかり…
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:笠間市の染川さん
なら 消費増税は 一番してはいけない事ではないでしょうか?
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:指宿市の桜木さん
"これまでとは次元の異なる政策"はいいけど、あまりに次元が低すぎますね。無償化で子供を産み育てやすい国になるとはだれも思っていないでしょう。みなさんが言ってるように、保育士の待遇改善が最初にやることです。まじめに考えているなら・・・。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:北九州市の当麻さん
無償化?そうじゃないんだなぁ。
幼稚園、保育園施設と保育士さんの数が圧倒的に足りないことになぜ気が付かないかな?
ここら辺が老人男性の限界なのかもね。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:狛江市の大浜さん
利用は無料になると言われたって、預ける保育園が見つけられなければ何の意味もない。