日産・ルノー・三菱自が新会議体、合議制に-ゴーン体制決別へ

(ブルームバーグ): 日産自動車と仏ルノー、三菱自動車は12日、3社連合(アライアンス)の戦略を担う新たな組織「アライアンスオペレーティングボード」を設立すると発表した。カルロス・ゴーン前会長が強い権限を持って主導してきたアライアンス体制から決別し、3社のトップで構成する新たな会議体によって意思決定する仕組みへと改める。
ネットの反応
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:大和市の南原さん
大切なことは、とにかく、フランス国が、日産を通して日本国の利益を吸い上げ続ける現状を改善すること。
これは日産の問題だけでは済まされない。日本全体の損失だ。もちろん国際的な競争の中で負けているのだから、仕方ないが、改善する努力をして欲しいのだ。日本人の未来の為に。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:嬉野市の松野さん
4人での多数決は2対2。議長が判断することになるならルノーに持って行かれることになるので、何か工夫してルノーの言いなりにならなくて済むようにして欲しい
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:小松島市の堀下さん
ルノー側も調査してわかってきたことがあるのだろうか。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:栃木市の小丸さん
もとを正せば、過去の日産の経営がまずかったってだけ。
現状に不満を覚える部分もあると思うが、大元は過去の負の遺産が元凶。
そういうの抱えながら頑張ってる会社は結構多いと思う。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:芦屋市の井之口さん
ルノー側も、いつからか日産の行動を認めたってことなのかな?
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:伊予市の近岡さん
第二のゴーンが誕生しないように、しっかり管理し各メーカーが良きライバルとして成長していって欲しい。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:豊中市の小河原さん
肝心なのは名前ではなく実行力です
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:塩竈市の藤曲さん
日産の技術、収益を仏に奪われないようしっかりとした体制を整えるべきだ。
日産が窮地に落ち込んだ時助けたのはルノーかもしれないが今は逆に食ってしまうくらいになってほしい
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:下田市の二宮さん
将来のことを視野に入れれば、新3社連合は禍根が生まれるので解体方向にすべきだろう。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:洲本市の上江洲さん
ゴーン氏がいたからこそ日産は復活出来た事は間違いないこと。ダメなことはダメだか、復活したその点は感謝を忘れずにこれから邁進してもらいたい。ある意味ゴーンがいなくなった後はどのようになるか楽しみだ。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:甲斐市の江戸さん
ゴーン体制の方が上手く行ったでしょうね。
 マクロン氏ではルノーは弱腰かも知れないな販売力は日産体制で動き出す方が良いのだが
 果たして今後ゴーン被告を入れないで上手く乗り切れるのか様子を見ていたい。
こんなボイセス@リターン速報 仮アカ:朝霞市の稲野さん
ゴーン体制と決別できたのは良かった。これでゴーンがいなく成って効果的に経営できる体制と思われるが、今後、日産の持ち株と、ルノーの持ち株の見直しを計画的にすることが不可欠だ。