完全に人員不足。値上げ後に赤字転落へ “うぬぼれ”鳥貴族の再生は

 愛称「トリキ」で知られる焼き鳥チェーン大手の鳥貴族(東証1部上場)が2014年の上場以来、初の赤字決算に転落するという。「全品均一価格」で“飛ぶ鳥を落とす勢い”で急成長してきたが、17年10月に「280円」から「298円」(いずれも税別)に値上げしたことが転機になった。【毎日新聞経済プレミア】

ネットの反応
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:山陽小野田市の鎌倉さん
確実に味が落ちてる。
簡単に値段だけの問題だけでは無いと思う。
美味しいかったら、20円の差はヘでもない
と思うよ。そこも原点に戻ってほしい。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:坂井市の高村さん
店舗たくさん出店すれば良いわけではない。貴族と言っているなら、店のクオリティーを求めて欲しい。
完全に人員不足。いつ行っても明らかに人足りてない。
昔の魅力が無くなったな。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:むつ市の氏家さん
これぐらいの値上げはそこまで影響ないと思う。問題は店舗の増やしすぎでクオリティが下がっている事
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:薩摩川内市の堀下さん
問題は値上げではなく出店でしょうね。消費者側からみて少し飢餓感があるくらい、ちょいちょい満席で利用できなかったくらいの方が長続きするんじゃないかと。
いきなりステーキも同じ道を辿ってますけど。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:須賀川市の岡崎さん
値上げだけが原因ではないでしょう。急成長のひずみがいろいろなところにでていた。最後のあがきの値上げにも失敗、と言うところでしょう。急拡大した企業によくあるパターンです。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:防府市の山形さん
そんな少しの値上げの問題ではないと思う。
前は良く行っていたが、引越しでここ1年あまり行ってなくて久々に行ったら確実に商品のクオリティーが下がっていた。そういうのも要因では?