銃所持免許は日本並に厳格で経歴も調べられる!初出廷の容疑者、終始無言=元スポーツインストラクターか-NZ乱射

 【シドニー時事】ニュージーランドのクライストチャーチで起きた銃乱射テロの主犯格とみられるブレントン・タラント容疑者(28)が事件翌日の16日、裁判所に出廷した。

ネットの反応
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:松阪市の沖田さん
白人至上主義者のやるサインしてましたし本当に反省の色が見えない
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:大崎市の柳瀬さん
死刑制度が必要と改めて思う。極右のSNSプラットフォームが野放しなのも問題だな。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:伊丹市の越前さん
この迅速さ、日本の司法もなんとかならないものか。
通り魔事件なんて、事件から数年してようやく裁判とか遅すぎ。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:印西市の野谷さん
今更ボカシ要らないでしょ
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:雲仙市の垣本さん
昨日の事件でもう裁判所っていうスピード感にびっくり
日本でももうちょい早くならんものかね
重大事件でもかなり風化してるころに裁判はじまる
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:稲沢市の道添さん
ニュージーランドの司法はスピーディーですね。
日本の裁判なんて数年掛かる
極悪人はどんどん死刑にして欲しい
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:矢板市の水永さん
英語圏での刑事訴訟手続きでは、このように逮捕後すぐに出廷し、罪状認否に関する手続きが行われる。だから、記者は、検察関係者からトクダネ情報をもらおうとすることは通常しない。日本との大きな違いがある。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:観音寺市の富吉さん
オーストラリアもニュージーランドも白人が移民したでしょ
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:湯沢市の外舘さん
事件を起こして
反省の色が見えないという意見があるが
そもそも、反省するようなやつは事件を起こさない。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:大和市の鹿児島さん
NZでテロ事件を起こした極右思想の持ち主と報道されている。
このように極端な動機に基づく犯行には、果たして厳罰の抑止効果がどれ程のものであっても、決して有効性が高いとは考えづらい。
むしろ事前の監視体制を強化するか武器の入荷経路を断つ方向で対策をするべきだと思う。
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:天川村の永淵さん
司法手続きがすごい早いな、日本も見倣うべき
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:島田市の日向寺さん
銃所持免許は日本並に厳格で経歴も調べられる。しかも自動小銃には別のEライセンスが必要。犯行に至るまでは非常にマトモ
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:牛久市の野中さん
前から不思議に思うのだが、事件起こして逮捕され翌日もう裁判って、すごくない?
日本の裁判は慎重なのか?
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:柳井市の飛鳥さん
裁判すごいはやい!昨日起こったばかりの事件なのに…。日本は裁判遅くて、忘れた頃にやってるイメージがあるからこの迅速さを見習って欲しい!
・名前:名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:五所川原市の丹内さん
移民政策のツケを払った感じ?
イギリスの殖民地政策のツケでもある感じがします。 日本でも起こりうる事案だと思います。
個人的には移民政策は反対です。