こればっかりは運だと思います…生涯2人に1人、日本の「がん患者」なぜ増える? カギは喫煙と○○、米国との差は

厚生労働省は1月、2016年に99万人が新たにがんの診断を受けたと発表しました。がんになる人は増え続け、日本人は生涯に2人に1人がかかる計算です。一方、米国では新たにがんになる人が減少に転じています。日米でどうして違いが生じているのでしょうか。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:福山市の橋場さん
タバコ? 喫煙率がこれだけ下がったのに、肺がんが増えているのは、別の原因だと考えた方が、普通だと思うけどね。
むしろ、世界一基準甘甘の農薬や、食品添加物を考慮すべきだと思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:安芸高田市の市之瀬さん
こればっかりは運だと思います。
健康管理している人でもなりますし、
ずさんな人で全くならない人もいます。
アメリカの統計は医療費が高いので病院に行ってない人が
かなりいると思うので、数値をうのみにするのはどうかと思うが・・。