最近は、そんな番組が少なくなったな!大泉洋と過ごした23年は間違ってなかった。「水曜どうでしょう」藤村・嬉野Dは語る

「あぁ、僕らはここまでたどり着いたんだ…」。インタビュー中、嬉野雅道さんがつぶやいた言葉だ――。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:玉名市の福川さん
大泉さんが水どうで有名になって、ナックスが有名になって、それぞれ全国区で活躍する俳優になったのも、原点はここなんだなと思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:秩父市の駒沢さん
こういう味な話がでる地方局は少なくて貴重です。
いいお話でした。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:吉野川市の藤波さん
道民なら知っている、どうでしょ!
ミスターと絡みも良かったな。
サイコロの旅もあったけど
日本全国原付の旅も岡持ちに荷物積んでは
文句ばかり言ったな。
あれが大泉洋の原点、
今も旧社屋の横の聖地の公園見に来ている
観光客いるし、2人のディレクターも
最高だった。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:三好市の庄田さん
かなり初期の方から見てましたが
ここまで出演者が全国的に有名になるんですから面白いですね。
今は本州に住んでますが、水曜どうでしょうの知名度は高いです。
各地域で再放送した影響と思います。
あの面白さは全国共通なんだなと実感してます。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:岩見沢市の日比野さん
水曜どうでしょうを見始めたのは。大学で上京してからかな。
面白い物は、何回見ても面白い。
最近は、そんな番組が少なくなったな。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:越谷市の高安さん
今見ても面白い。旅番組で手持ちカメラで一人やる気ないシチュエーション、タレントを特別扱いしない鉄板を作り上げたのはこの番組ですね。観光地を主にしないなど他色々ありますが
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:篠山市の藤垣さん
放送局は要人が出入りする可能性や電波ジャック等の恐れから警備が厳しいものだけど、こういうゆるい雰囲気が水曜どうでしょうという番組のゆるさの土壌でもあったのではないかとおもいました
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:鳥羽市の東出さん
大泉さんは、そこそこ有名になるだろうな、と思ってたけど。
それ以上に有名になった。
ただ、まさか、当時のONちゃんが、ここまで有名な俳優になるとは、こっちの方が想像の遥か上をいっている。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:上天草市の山森さん
一番の立役者はミスターだと思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:天草市の霜山さん
たぶん日本一面白いローカル番組ではないでしょうか。無名の人たちが集まってこんなに面白い番組に仕上げた皆さんは最高の演者でありTVマンでした。今や人気者になっていますし。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:鹿島市の古越さん
明日からの5夜連続ドラマを楽しみにしてます。
旧社屋は中心部から離れた住宅街にあって、親近感があった!