疑いだしたらきりがない…【センバツ】サイン盗み疑惑は“延長戦”…両監督「言った」「言わない」水掛け論に

 28日の2回戦で星稜(石川)の林和成監督(43)が習志野(千葉)のサイン盗みを主張し、試合後、習志野の小林徹監督(56)に直接抗議した問題で、林監督が日本高野連に謝罪。その上で、小林監督から「星稜もやってるでしょ」との発言があったとし、これに謝罪を要求した。一方の小林監督はサイン盗み、発言の両方を全面的に否定した。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:半田市の鐘ケ江さん
映像は見ていない。ただ思うのは、二塁ランナーのちょっとした仕草が、サイン盗みと疑われる可能性があるので、サイン盗みかどうかの判断は難しい。サイン盗みだ、と叫ぶことで相手に動揺を誘う作戦とも取れるし。疑いだしたらきりがない。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:矢板市の栄田さん
星稜の敗因はサインどうこうではなく、なんだかんだ飯塚投手をほとんど捉えられなかった事に尽きると思うけど。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:大仙市の桑谷さん
サイン盗みが事実か事実誤認かは定かではないが、試合終了後に相手の控え室にまで乗り込んで行く行為は、高校野球の監督としてはどうかなと思う。
習志野は次の試合は様々な観点から色眼鏡で見られるから選手は遣りにくいだろう。