認可でないという所でまず疑わないと!。A.L.C.貝塚学院「破綻騒動」の内幕をすべて明かす!元従業員の怒りの内部告発

 既報の通り、認可外幼稚園「A.L.C.貝塚学院」(以下、貝塚学院)などを運営する有限会社アメリカンラングエイジセンターの不透明な金の流れが明らかになっているが、週刊ダイヤモンドでは、同園の経営陣に近しい関係にあった元社員から、有力な証言を得た。破綻宣言から一転して事業譲渡へと翻ったのはなぜか、内部の複雑な組織と人間関係を解き明かす。(「週刊ダイヤモンド」委嘱記者 相馬留美)

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:延岡市の古関さん
債券の存在が明らかになった以上「債券」の行方を明確にするべきではないでしょうか?会計監査もよく通過していたなと思う。不明確であれば操作のメスを入れるべき。結果は分かりますがね。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:八王子市の春藤さん
知らない人が多いけど、幼稚園は名称独占事業であるから、認可を受けていない幼稚園はそもそも幼稚園と名乗る事が出来ない。 従って、認可外幼稚園なる施設は存在しない。 メディアが認可外幼稚園なる呼称で興味を煽っているに過ぎない。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:新城市の磯崎さん
20年前は川崎駅から川崎市バスに乗るとすぐここの広告がバス停でアナウンスされていたので名前はすごく聞いていた。川崎市は保育園も幼稚園も激戦区なので保育事業が継続されるなら保護者は不信感がどんなに合っても留まらざるをえないでしょうね。。。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:相馬市の長坂さん
債券を買えと言っている段階でおかしい!
子供を預ける所を確保しないといけない事情は
よく分かるけれど、他も当たる必要はある。
集めたお金は理事長や側近に行き、贅沢三昧の
つけが回ってきて、計画倒産というシナリオ。
認可でないという所でまず疑わないと!
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:甲府市の柏野さん
そもそも、上場もしてないような会社が社債のようなものを半ば強制的に購入させるようなことは法律上いいのでしょうか?
ブラックな会社が社員に買わせるような事も出来てしまいますがどうなんでしょう?
詳しい人お願い。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:大和市の上藤さん
一旦破産して債権をチャラにしてからでないと企業側は支援を白紙に戻すかもしれない。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:下妻市の長川さん
人気があった幼稚園なのでしょうけどこんな事情が明るみになったら入ろうとする人はいなくなるでしょうね。
少なくとも去年の秋あたりに公表して春に閉園が妥当。そうすれば転園なども余裕があったかもしれない。
出資金返済の騒ぎを恐れたのかな。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:下野市の城市さん
「債券」のお金は残ってないだろうなあ。大赤字の園を引き取るだけでも大変な出費だから普通の経営者なら債券の引継ぎはプールされたお金が残ってないかぎり断ると思う。強く出過ぎると引き継ぐ企業が取りやめするかもしれないし、そうなると支払った入園料までパアになるうえに、別の園に行くために更に費用を支払わなくてはならなくなる。