仕事で他人の債務整理を何百人も手がけてきました?銀行、多重債務防止へ情報共有 ローン残高、毎日把握

 過剰な融資が問題となっている銀行カードローンを巡り、全国の銀行が利用者の借り入れ状況を正確に把握するための体制整備に乗り出したことが30日、分かった。借入残高の情報を毎日更新して管理し、消費者金融など貸金業者らとの間で情報共有を深めることが柱。審査の質を高めて、多重債務者の増加を防ぐ狙いだ。このほど全国銀行協会で方向性を確認した。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:人吉市の日坂さん
特定信用情報や支払い可能額は銀行やカード会社で全部連携されているが
それをもっと強化するということか
これでカードが作れなくなる人が増えるだろうな
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:山形市の堀米さん
まずカードローンのCMを止めて欲しい。
多重債務を生む元凶だと思う。
金融庁もカードローンでボロ儲けして稼いでいる
都市銀行に対して強硬に行政指導に入らないといけない。
現代人は辛抱が出来なくなった。
借りてでも買うという借りる方も悪いが、
安易に借りれる状況を作り出す都市銀行も悪い。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:富山市の芦田さん
良くも悪くもって感じ
スマホ払いが増えてるし、滞納者も増える一方やから、若いうちから真っ黒な人だらけ
まぁ透明化して制限するのも大切やと思う
キャッシュレスを薦めてるけど、後払いが増えたら大変なことになってくね
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:長野市の谷野さん
表向きは多重債務者の増加を防ぐで、ほんとは貸倒費用を減少させたいんだと思う。やろうと思えばもっと前にやれたことを、なぜ今さら?って思ってしまう。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:宮古市の古崎さん
確かに多重債務者を減らす策は必要でしょう。しかし債務者は借りれ無くなったら他を探すでしょうね。
闇金や友人、何処からでも金を引っ張って来ます。
従ってより深刻な債務者が増える事に繋がりかねない危険な状態を招く恐れもある、
これは犯罪を増やす可能性も否定出来ません。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:羽曳野市の北浜さん
ローン自体は、適切に使えば問題ないと思う。しかし、重債務で回りの人たちからも嘘をついてお金を借り返済しない。
その後自己破産して、今は生活保護。
身の丈にあった金銭管理ができていない人を、減らす事は大事なので、家庭はもちろん、リボ払い等の怖さ等を知らせる機会を増やすようしてほしい。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:人吉市の三野さん
仕事で他人の債務整理を何百人も手がけてきました。
無駄遣いしてただけの人には「借りられないようにする」で解決できる面はあるけど、「どう頑張っても給料が安くて生活費が足りなくて借りざるを得ない」状況もたくさんある。
結局賃金が上がらないと(デフレを改善しないと)根本的解決にはなっていないように思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:東村山市の石坪さん
お金の使い方ってもう10代で決まります。スマホの支払いから始まると言っても過言ではない。ましてや見栄や欲の為に借金までする方々が多過ぎる。カードビジネスが主体となっている時代、学校でもこの手の授業をやるべきだと思う。知識がないのに魔法のようなカード1枚持たせたらダメでしょう。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:五泉市の神代さん
理屈上はそうなって行く「べき」だし「ハズ」でもあるんだけど、この個人所得がそう上がらない時代に、一部分の理想だけを導入すると、企業体自身の首を絞める事になってしまうんじゃないかと言う危惧します。
そう言う意味では、並行して稼げるビジネスモデルの構築をして行かなければ色んな企業が潰れて行く気がします。