…海女さんの10倍 「ボンベ」でトカゲが最長16分潜水

 頭に付けた気泡を「潜水用ボンベ」のように使って呼吸をするトカゲを、米ニューヨーク州立大のリンゼイ・スウィアーク博士が見つけた。潜水時間を延ばすことで、天敵から逃げるのに役立っているらしい。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:美濃加茂市の江波さん
海女さんは敵から逃げるために潜水してないと思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:筑西市の鳴島さん
人以外の動物には優れた能力を持った動物がたくさん存在する。
まだまだ、新たな発見が生まれる可能性は高いと思います。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:近江八幡市の加古さん
新たな潜水具の開発の参考になるかもしれませんね
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:湯沢市の松土さん
トカゲとヒトと、動物の種を超えて比較するのはこの際いいと思う、意味のある無しではなく”そういう比較をしたかった”のだろうから。
でもですね、″ほぼ動かない”トカゲと、”動いて漁をする”海女さんを比較しちゃダメでしょう。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:上田市の八木澤さん
海女さんと比較する意味がわからない
確かに熟女多くて魅力的だけど
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:福島市の中下さん
人間は爬虫類よりはるかに高効率の呼吸器系を持っているが、
脳が酸素を大量消費するので、水中息止め対決で勝利するのは不可能。
1日あたりの消費カロリー量についても、人間のほうが巨大ワニより多い。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:藤枝市の平元さん
海女さんとの比較がどうたら論争するより、このトカゲの新機能発見を素直に楽しもう!
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:塩尻市の有森さん
こういう進化をどうやって獲得したのだろうか? 生物の機能は理にかなって進化するが、どの種でもできるわけではない。そこに研究価値があるのだろう。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:福岡市の田実さん
・ 8,000mのヒマラヤ山脈を平気で飛び越す鳥
・ 何時間も潜るクジラ
・ 肺もないのに空気を呼吸できる昆虫
同じ酸素を必要とする動物でも、いろいろ「酸素欠乏」との戦いがありますね。いかに耐えるかが「進化」の原動力と言えるのでしょうね。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:倉吉市の金藤さん
人間もボンベをつかえばかなり、潜水時間が伸びると聞いたことがある。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:泉佐野市の後藤さん
人はまだまだ自然界から学ばなければならないことが沢山ある。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:明石市の植山さん
どちらの海女さんの記録か知らないが、2分では仕事にならない。達人はもっと長いはず。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:白河市の茶屋さん
単純にすごいなと思う。
こんなトカゲ居たんだ。
でも海女さんとは関係ないだろうに・・・
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:釜石市の盛川さん
人間でなくトカゲが進化していれば海底の謎ももっと解き明かされていただろうに。…という答えでいいんだよね。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:掛川市の神辺さん
あと海女さんと比べて10倍とは凄いな
とはならない
比較対象がピンとこない
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:伊賀市の浜出さん
鰐のような爬虫類は、血液に酸素を取り込める量が、人間の10倍とかあるらしい。
そうでないと、海亀のように長く潜水出来ないからね。