なんで取り締まられないのか…「安く旅行に行ける」。友人や先輩からの勧誘に消費者庁が警鐘

友人や先輩、SNS上の知人などから、「好きなだけ旅行に行ける」「誰か紹介すれば簡単に儲かる」などと旅行会員権の購入を勧められたことはないだろうか。消費者庁は、こういった手口で契約させられたものの、実際には旅行の予約ができないどころか儲かりもしないという、いわゆる「マルチ商法」の被害が発生している、と警鐘を鳴らしている。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:佐世保市の知名さん
ねずみ講は違法だが、マルチは違法じゃない。
だから被害も増える。
いっそ違法にしたらいい。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:取手市の木本さん
そんなことを言うてくる友人は付き合いをやめましょう!
お互いに友人を失くします!
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:京田辺市の森部さん
インスタにも変なアカウントが多い。世界中を旅してます!お金の増やし方レクチャーします!とかね。アムウェイもそうだけど、まだ社会経験の浅い若者に豪華な生活や自由(そうに見える)な生活を見せつけてお金を巻き上げたり、人間関係を崩壊させるのは本当にやめてあげて欲しい。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:小松市の松長さん
その説明会の会社を公表できないの?
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:いわき市の澄川さん
マルチを合法としているのが一番の問題。ネズミ講と何が違うと言うのか?違法とすれば被害者も大幅に減ると思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:橋本市の由川さん
世の中美味しい話なんてありません。
騙される方は自業自得。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:石岡市の竹越さん
こういう勧誘をする人は、本物の友達ではないですよ。相手はうわべだけのお付き合いをしたいだけでしょうね。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:大月市の力久さん
インスタ映えを気にするようになった結果、大学生の多くが無理してでも旅行に行っている印象。「長期休みは少なくとも2ヶ国は旅行に行かなきゃ」という話も聞く。その結果、こういった手口にはまる人もいるのではないか。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:京都市の稲津さん
30年も前からある若者向けの胡散臭い商法。安く旅行に行けるとか映画が見られるとかで数万のクーポンを買わせ、制約が多すぎで実際にはほとんど使えない。
なんで取り締まられないのか。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:都留市の富谷さん
世の中、美味しい話はあるかも知れませんが、あれば絶対に他人には言いません。自分だけ美味しい思いをします。
人に話すのはリスクをおっかぶせて自分だけ美味しい思いをしようという魂胆があります。
高利回りの商品があれば、銀行から借金しても儲かるはずだから、人に言う前に自分が借金をして買っているはず。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:寒河江市の荻島さん
「貴方の為よ。と言われてますが、本当は自分の為でしょ?」とヒロシさんのネガティブカレンダーに有りました。
まさにその通り!!
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:小郡市の谷地さん
いい資産運用がある。等とマルチ商法のセミナーである事を告げずに人を連れてくるのは立派な特商法違反!!
これをやろうとしている人、投資話だけでついてくる人、世の中うまい話などないのだ。
うまい話には裏があるとはまさにこの事。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:小樽市の海沼さん
そういえば、昔アムウェイやってる友人がいてウザかった。