綺麗事ばかりじゃないですよね…出生前診断、不妊治療 美談だけではない報道もすべき…ハイヒール・リンゴが訴える

 子に障害があることがわかっていても出産した夫婦、苦しく長い不妊治療の末に我が子を抱けた夫婦…ハイヒール・リンゴはそんな「幸せな話」という結論ありきになってしまっている報道が多いことに異論を唱える。現実では出生前診断の結果で中絶を選んだり、不妊治療が実らなかった夫婦も多い。「出生前診断受ける受けない、産む産まないは夫婦で決めること」としたうえで、「おわりの悪い話」も取り上げ、心のケアをすべきではないかと訴えた。

ネットの反応
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:陸前高田市の簾内さん
この意見は本当に賛成します。
厳しい現実があることも知るべき。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:名古屋市の甲藤さん
この意見をもっと広めて欲しい。
不妊治療の末に、高齢でも授かれた。
障害を持っていても、産んで幸せです。
それが全ての結果ではない。
産んでも、産まなくても、産めなくても、それぞれの思いがあって、他人にストーリーを決められるものではない。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:美馬市の浜野さん
産む事を美談にすることで、産まない選択をしたご夫婦が苦しむ場合がある。
何日も何日も時間が許す限り考え抜いて決断されるんでしょう?
当事者しかわからない葛藤は相当だと思うよ。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:十日町市の畠野さん
本当マスコミは美談ばかり取り上げる「この子を産んでよかった」「この子は夫婦の宝」障害もって生まれてそんな綺麗事ばかりじゃないと思う、我が子は可愛いけど、苦労の人生の方が多いと思う。
不妊治療してできない夫婦もたくさんいると思うけど、本当マスコミは綺麗事ばかり。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:江南市の梁島さん
不妊治療をし、知的障害の子が産まれた。
通常の発達から逸脱するとこんなに大変だと産んでからわかった。
ダウン症だとわかってたけど、産んで幸せだというテレビ番組が多い。
障害児を産んで大変な面もテレビで放送した方がいいと思う。
本当に美談だけではいけないと思う。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:阿久根市の藤岡さん
生んで育てて、一生付き合っていくのは親や家族。
家族が考え抜いて出した結論に対して、部外者が無責任な一言を投げかけることがあっては絶対にいけないとおもう。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:姫路市の若園さん
確かに500万使ったけどさずからずに終わった話とかも実話を伝えて欲しい。
何かを考えるきっかけになる。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:江田島市の武石さん
全文同意です
綺麗事ばかりじゃないですよね
不妊治療は身体的金銭的にも辛いのに、不妊治療してますって言わないと仕事を早退や遅刻できないのも辛い
不妊を下に見る人、必要以上に同情する人、、、嫌な思いもするでしょう
それでもうまくいく人は一握りで、一握りの人を持ち上げてまるで当たり前のように取り上げる
違和感ありますよ
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:水俣市の杉さん
美談なんてごくごく一部。
見てるとイラッとする。
実際はそんなに甘くない。
世間の目だって冷たい。
名前名無しさんボイセス@リターン速報 仮アカ:笛吹市の藤掛さん
確かにそう思う。私も不妊治療して授かったけど、5年もやってやっとこ。その期間は悲しいこともあったし、お金で悩んだこともある。りんごさんのいうこの現実もあることを伝えて欲しい。